シガーの楽しみ方

2. 葉巻の吸い方

吸い口カット法の数々

シガーを楽しむ為にまず必要なのは吸い口を作る事。
自分の好みが解ってきたらそれに合わせて他のカットも試してみては…

 

1. フラットカット
ギロチンカッターやハサミを使った、最もオーソドックスなカット方法。切断面が
シガーに対して垂直になるようにし、ヘッドに多少丸みを残すのがコツです。
切り残しがあるとラッパーがほどけたり、口当たりが悪くなったりするので注意が
必要です。ヘッドの切り落としが下に落ちない様に指で押さえると良いでしょう。


2. パンチカット

シガーパンチという細い円柱状のカッターをヘッドの真ん中に合わせて、ゆっくり
押し込んで行きます。ラッパーにのみ穴が開けば良いので、あまり深く押し込む必要は
ありません。カッターの刃が5mmほどシガーの中に入るくらいが目安。吸い口から
シガーの葉が落ちないのが特徴でヘッドの口当たりは非常に良いです。


3. V カット
切断面を正面から見ると、猫の目の様に見える事からアメリカではキャッツアイ
とも呼ばれるカット方法。爪切りの要領で縦にV字型の切り込みを入れます。
見た目よりも切断面が大きくフラットカットと変わらない。ただし良く切れるカッターが
少なく、多少技術が必要です。慣れないと失敗しやすいので注意しましょう。


火のつけ方

シガー愛好家にとって火をつける事は重要な”儀式”です

1. ライター
重要なのはガスライターを使用する事です。オイルライターを使用するとせっかくのシガーの香りが損なわれてしまいます。

2. マッチ
亜硫酸ガスが少なく、軸の長いシガー専用マッチを使用すると良いでしょう。炎の先端を使い、シガーを回しながら付けるのがポイントです。
3. シダー片
お店などにシダー片があったら迷わず使いましょう。シダーの香りがシガーについて一石二鳥です。マッチに比べ、火の移りが早いのでシダーを調節しながら
つけましょう。

   
   

味わう


シガーは全てを忘れて取り戻す自分だけの時間。シガーが誘う幻想の世界に
身を委ねるまさに忘我の瞬間、至福の一時…。


シガーの煙はシガレットの煙に比べて重く濃い。その為、風がなければ暫く喫煙者の周りを佇む様に浮かんでいる。だからあまり強く吐き出さずに口を開けて立ち上がらせ自分の側に漂わせる。
シガーの煙に含まれるニコチンは口の粘膜から吸収されゆっくりと脳に達する。その為次第に気持ちが落ち着きシガーの世界に浸って行くのである。

吸い方のコツ
シガーの煙を吸い込む時に呼吸の様に肺で吸い込むのではなく、ストローでジュースを飲む時の様に頬で吸い込むのである。吸う間隔は1分間に一度くらいが一般的に良いと言われている。
あまり度々吸い込むと煙の温度が高くなり辛く感じてしまうので注意。

シガーの持ち方


太く長いシガーを持つのは恥ずかしいとか、似合わないと思うかもしれない
しかしそれも気の持ち方次第なのである。シガーの世界にはまり込んで行くと
持ち方にも気持ちが現われ大事そうに持つようになったら貴方はもう初心者ではない。

持ち方にきまりはない。基本的にはリングの部分を親指と人差し指でつかみ、中指と薬指を添える持ち方か、親指と人差し指でつかみ、中指の背の部分で支える持ち方が一般的である。火の点いたフットの部分は外に向けず、なるべく自分の方に向けるのは万が一の礼儀である。
あくまでも紳士の嗜みであるのだから2本指で掴む姿はあまり好ましくない。

灰の落し方・消し方


かのチャーチルは聴衆を自分の話に引き込む為にシガーを使ったという。
あらかじめシガーに針金を通しておき、灰が落ちない様にしたのである。
チャーチルが振り回すシガーの灰がいつ落ちるか気になり聴衆はチャーチルから
目が離せなくなったのである。

シガーの灰の落し方には性格が表れる。良いシガーの灰は3〜4センチまとまって落ちる。しかも手でつかめるほど固い。一般的には3センチ位になったら灰皿で軽くトントンと振動を与えれば落ちる。
シガーの灰は落ちるのに任せるのである。消す時には何もせずに灰皿に置いておく。間違ってもシガレットの様に灰皿にこすりつけ揉み消す様な真似をしてはいけない。シガーは引き際をわきまえたかの様に自然と消えるのである。

1.葉巻の種類  2.葉巻の吸い方  3.保存方法  4.必要な道具とマナー  5.お酒との相性